リノシヨ

リノシヨの秘密The Secret of Rinoshiyo

リノシヨには隠された秘密がある!
リノシヨのメニューには、王道と言われた中華メニューと異なるものがあります。
そこには秘密があります。
このページからこっそり紹介していきます。

中華とワインのマリアージュ

中華とワインなのでお客様から「コレ(料理)とコレ(ワイン)は合うの?」とよく聞かれます。
お好みで選んでもらえればいいのですが、簡単な合わせ方は 素材の色・料理の色とワインの色を合わせるのがベストです。
素材で合わせると魚介類や鶏は白ワイン。豚・牛その他の赤い肉は赤ワインで合わせると分かりやすいです。
それプラス調理方法に合わせるなら、塩炒め・蒸し物は白ワイン。豆鼓炒め・煮込み料理やオイスターソースなどは茶色系の料理なので赤ワインというのが簡単なやり方です。

何となくわかってきましたか?少しだけ上級編です。
麻婆豆腐は、赤ワインを合わせますが 麻婆豆腐がスパイシーなので赤ワインの中でもスパイシーなものを選ぶとベストです。品種で言うとシラーとかスペインのテンプラニーリョを選ぶと合います。
棒棒鶏だと、鶏で白、蒸し鶏で白なので白ワインのシャルドネなどが合います。

餃子・点心の粉物は口の中でモフモフ(←表現が稚拙ですみません)するのでスパークリングが合います。
中華はロゼワインが合うと言われますが、リノシヨではロゼワインではなくロゼのスパークリングを用意しているのでロゼスパークリングを紹介しています。

今まで中華料理にワインを合わせたことがなかった方はこの機会にぜひお試しください。
面白い発見があると思います。

※今回紹介したお料理以外でどのワインが合うのか知りたい方はスタッフに声をかけてください。

次回は手長エビと春雨のニンニク蒸し

ページトップへ戻る