リノシヨの秘密

  • リノシヨには隠された秘密がある!

    リノシヨのメニューには、王道と言われた中華メニューと異なるものがあります。
    そこには秘密があります。
    このページからこっそり紹介していきます。

    中華なのにワインの話

    ワインは25年くらい前に働いていた"じゃがいも"の時にワインを知り、ソムリエの資格を取るぞ!という勢いでワインの勉強をしていました。
    でも、熱い想いも"じゃがいも"をやめて中華の世界に入ったとたんにワインをやめてしまったんです。
    ※この頃はビールばかり飲んでワインを飲むこともやめてしまいました。

    気持ちが離れていたのに、リトルドラゴンの後半になってきた頃になってきたら急にワインをやりたくなりました。
    それは友達がワインを持ってきたことがきっかけです。
    (ワインを飲んで純粋な気持ちで)「あぁ~やっぱりワインは美味しいなぁ~」と思いました。
    それからはリノシヨを始める少し前からワインが飲める中華料理をやろう!という方向性を漠然と考えていました。
    ※料理をワインに寄せるようになりました。

    現在、リノシヨにあるワインはボクの好みが大きく出ています。
    品種として満遍なく置いています。例えばシャルドネを揃えていれば別のシャルドネを入れることはありません。
    ※シャルドネに限らず ワインは値段と味の見合うものを用意しています。

    個人的な感想ですが、温かいチリとか南米系の温かい地域のものは上手いと思いますが、ちょっと味が濃い印象があります。
    太陽がたくさん当たるからでしょうか?
    ヨーロッパの方がバランスよくスーッと飲める気がしますのでヨーロッパ地域のものが多くなっています。

    中華にワイン?と思われる方にお勧めしたいのは・・・
    パテ・ド・カンパーニュとアヒージョを合わせていただくと分かりやすいと思います。
    この他にはソフトシェルクラブにも軽い赤ワイン や 白ワインがあります。
    ※全般的に砂糖を使っていない料理がワインに合うと思います。
    お料理とワインの相性などスタッフにお問合せ下さい。

    この話は奥が深いので別の機会に続編を語りたいと思います。

    次回は・・・サーモンのサラダ