リノシヨ

リノシヨの秘密The Secret of Rinoshiyo

リノシヨには隠された秘密がある!
リノシヨのメニューには、王道と言われた中華メニューと異なるものがあります。
そこには秘密があります。
このページからこっそり紹介していきます。

青菜炒め

青菜炒めと言えば中華では定番ですが、ボクは中華の世界に入って初めて知ったお料理ですが、使われているチンゲン菜はボク的には独特のニオイ(青臭さ?)が苦手でした。

昔、香港に連れて行ってもらった時に食べた青菜炒めはクセがなく青臭くなくていい香りがしました。
香港の青菜炒めはチンゲン菜ではなく豆苗(とうみょう)みたいなものを使っていましたが、日本のような小さなものではなく大きく成長しているもので美味しかったです。
日本には同じようなものがなくて探していたところ、東京の業者さんが台湾から野菜を仕入れているのを知り、取り寄せているA菜という野菜が美味しくて現在使っています。
※A菜は、形で言うとロメインレタスみたいな野菜で、火を通した時に香ばしい香りがします。

青菜炒めは、塩炒めになるわけですが スープに対して塩を入れて味をつけるシンプルなものです。
以前はニンニクで香りづけしていただけでしたが最近はセロリ、ニンジン、タマネギを合わせたものを加えて 香りづけをバージョンアップしています。
お客様にはあまり気づかれていないようですが、以前よりもさらに香り良くなっていますのでご賞味ください。

次回は・・・カキの豆豉(トウチ)炒め

ページトップへ戻る