リノシヨ

リノシヨの秘密The Secret of Rinoshiyo

リノシヨには隠された秘密がある!
リノシヨのメニューには、王道と言われた中華メニューと異なるものがあります。
そこには秘密があります。
このページからこっそり紹介していきます。

黒炒飯

黒炒飯のアイディアは薩川シェフからのものでした。
※対象となったものは黒炒飯ではありませんが・・・
当初、このお店を薩川シェフから勧められた時に「(店が広すぎて)1人では切り盛りできない。特に(時間がかかる)炒め物はできない」と答えたところ「だったら蒸しピラフを作ったらどうだ」とアドバイスされました。
アドバイスを受けましたが「蒸しピラフ?」と「?」がいくつも頭の上に浮かびました(笑)
「中華だから炒飯を蒸しピラフと言えばいだろ!」って無茶苦茶です。
事前に炒めておいて用意したものを蒸してその上にエビを乗せれば完成だ。と言われて反論することもできず「はい、わかりました」と答えましが見た目は炒飯です(^^;)
※薩川シェフのアイディアを要約すると「時間がかかる炒める作業を先にして蒸すので時短料理になります。」

そもそも、黒炒飯はリノシヨオリジナルではなくて、昔からある料理ですがレシピはありませんでした。何を入れたら黒くなるのか?イカスミか?それとも・・・なんて思っていたところ
中国醤油があることを知りました。中国醤油はオイリーですが少量でまっ黒になります。
ちょうどいい具合に炒飯が黒くなっていったので提案してくれたピラフは黒炒飯にしよう!とシフトしていきました。

その上にただ海老を乗せてもつまらないので揚げてガーリックパウダーをつけてガーリックシュリンプにしてオリジナル性がでてきました。
このままでも良かったのですが、ふと中華を始める前に行った中華屋さんで炒飯にシナモンが加わって美味しかったのでシナモンを加えて出来上がったのがリノシヨの黒炒飯です。

炒めてパラパラになった炒飯を蒸すと蒸気が中に入るのでふわふわになります。
炒飯をすくった時にホワァ~~~ンとなりますのでぜひお召し上がりください。

次回は・・・リトルドラゴンについて(4)

ページトップへ戻る