リノシヨ

リノシヨの秘密The Secret of Rinoshiyo

リノシヨには隠された秘密がある!
リノシヨのメニューには、王道と言われた中華メニューと異なるものがあります。
そこには秘密があります。
このページからこっそり紹介していきます。

麻婆豆腐

リノシヨで自家製調味料を一番多く使っているメニューです。
豆板醤、豆鼓醤(トウチジャン)、ラー油、甜麺醤(テンメンジャン)などなど自家製ですので他店とは違う味になっていると思います。
リノシヨでは辛さを一番辛くない所からピリ辛・メチャ辛・ゴリ辛の3段階で用意しています。

この辛さの差を出すために(ラー油で使っている一味唐辛子を使った)ラー粉というもので辛さの調整をしています。
これ自体が10年以上継ぎ足しで使っているので辛いメニューもただ辛いのではなくて"辛味"、"深み"、"旨味"が全部詰まっています。
※メチャ辛からラー粉(らーふん)が入ります。メチャ辛がリノシヨの辛さのベースになっていますので当店ではメチャ辛を推奨しますが、ボクは辛いのが苦手です。(^^;)

この他にも、ひき肉を炒める時にパサパサに汁が出なくなるまで炒め その後に調味料類を入れます。これはひき肉特有のクサ味をなくし、旨さを引き立たせるためです。

調味料と技のコラボレーションです。

次回は・・・海老油です。

ページトップへ戻る