リノシヨの秘密

  • リノシヨには隠された秘密がある!

    リノシヨのメニューには、王道と言われた中華メニューと異なるものがあります。
    そこには秘密があります。
    このページからこっそり紹介していきます。

    シノワバル

    今の店に移る時に、(=今のお店は以前、シェ・サツカワでした)薩川シェフと話をしていて、ボクはこの規模や雰囲気は無理かなぁ~と精神的にやられてしまっている感じでした。
    規模的にはリトルドラゴンと同じですが、これを一人で回す(=働く・こなす)のは大変だったので、もう少し狭いほうがいいなと思い、
    雰囲気的には中華では無理なんじゃないかと思っていたそんな矢先、薩川シェフから「ここはシノワバルだ」と言われてピン!ときました。

    それは、シノワバルとならシノワバルと言われる料理を作ればいいんだと思ったわけです。
    もっと具体的に言うと 作りたい料理の中にパテ・ド・カンパーニュやアヒージョとかチーズフォンデュがあったのですが、中華のリトルドラゴンでは(中華の)メニューに加えることができません。
    今回も中華と考えていたので、(これらの料理は)封印するしかないと思っていたところ、シノワバルであれば全部作ることができます。
    同時に、料理の幅が広がり、これから作るものを中華ではなくジャンルを広げたることができるので新メニューを考えるのも 作るのも楽になりました。

    シノワバルならイケる!そんなことを思い、店の名前を決める前に店名の冠"シノワバル"が決定しました。

    あとで思いましたが、中華だとライバル店がたくさんあります。でも"シノワバル"を冠にしているお店はないのでライバルがいません。
    自由な発想でメニューを作り、考えることができる"シノワバル"。
    とても気に入っています。

    ※厨房のレイアウト※
    今は当たり前のように置いている蒸篭(せいろ)は隠そうと思いましたが、蒸篭は目につく場所に大小の蒸篭を配置するなど、各調理器具のレイアウトのアドバイスは薩川シェフからいただきました。
    カウンター上の黒板も薩川シェフのアイディアです。
    薩川シェフには本当にお世話になりました。

    関連記事
    「移転オープンのいきさつ」

     


     



    次回は・・・スキレット