リノシヨの秘密

  • リノシヨには隠された秘密がある!

    リノシヨのメニューには、王道と言われた中華メニューと異なるものがあります。
    そこには秘密があります。
    このページからこっそり紹介していきます。

    ペンギン団子

    ペンギン団子との出会いは前の会社の社長が香港好きで「香港旅行に連れて行ってやる!」という事で香港に出かけた時のことです。
    せっかくの香港なのに、ただ出かけるだけでは勿体無いので何かないかなぁ~と思ったところ、ちょうど天津教室があり、ここでペンギンに出会いました。
    ※香港は天津が有名なところなんです。

    教室ではペンギンの他にハリネズミ、金魚、イカなどいっぱいあり 全部作ってしまったら遊びみたいに見られそうでした。
    最初に海老蒸し餃子の作り方を教えていただき、もう1種類教えてあげる。と言われたのでペンギンを選びました。
    教室で教わったペンギンは今のペンギンとは違い海老の餡を使った餃子の皮で作られた餃子でした。

    店で出すのに ”ペンギンで餃子”と思ったのでアレンジを加えてカボチャの餡を使い、白いところは白玉の生地で周りの黒いところだけ蒸し餃子のようにしてデザートにしました。
    初めの頃は慣れないので50個作るのに1日がかりだったのですが、今は1)カボチャの餡を作って丸める2)白玉の生地を作る3)黒い皮で包んで完成。の3段階に分けて作っていて1つずつの工程は30分くらいでできるようになりました。でもやっぱりメンドくさいです(笑)
    当初に比べてかなり早く作れるようになりましたが早く作らないと指紋がついてしまい見た目にも関係するので気を遣います。
    でも作っている数が数ですから、おそらく日本一ペンギンを作るのが上手いんじゃないかと思います!

    このペンギン団子はリノシヨだけの完全オリジナルレシピです。
    ぜひ、楽しんでください。

    次回は・・・修業時代の話です。