リノシヨの秘密

  • リノシヨには隠された秘密がある!

    リノシヨのメニューには、王道と言われた中華メニューと異なるものがあります。
    そこには秘密があります。
    このページからこっそり紹介していきます。

    移転オープンのいきさつ

    2015年9月に前のお店のリトルドラゴンが入っているビルを半年後に取り壊す連絡がありました。
    さっそく物件を探し始めました。
    でも、いい物件が見つかりません。(お店を営業しながらですから物件探しに身が入らないこともありました・・・)
    そんな状況をボクの彼女が,たまたま街中にいたシェ・サツカワの薩川シェフに話したところ(薩川シェフの所でバイトしていた経緯があり、懇意にさせていただいています。)
    「じゃ、ウチが移転したから入ったらどうだ?」と言ってくれたのでお店を見に行きました。
    初めてみた時の第一印象は「(思ったよりも)広いなぁ~これは大変かな?」ということでした。
    他にも不安材料はあったのですが、薩川シェフからアドバイスもあり一つ一つクリアにしていくことができました。
    そこからはあっという間でした。移ると決めたのが2月。お金がないので銀行にお金を借りに行きお金が出たのが3月31日。この日までリトルドラゴンを営業して4月に入った瞬間引っ越し!っで4月21日にオープンでした!!
    リノシヨの冠になっている「シノワバル」も薩川シェフがボソッと言ったのが始まりです。
    「こんなお洒落な空間で大丈夫でしょうか?」「大丈夫だ、ここはシノワバルだ!」と言われこの「シノワバル」の響きがいいなぁ~と思いました。
    元々その傾向で行こうと思っていました。
    チャイナビストロとかチャイナバルとかそんな冠が欲しかったけどイマイチしっくりきませんでした。
    ”シノワ”という言葉を思いついてはいましたが、”シノワ”から連想するものは薩川シェフが腕を振るっていた「シェ・シノワ」を彷彿させるものでした。だから”シノワ”を使うのはまずいなぁ~と思っていたので、薩川シェフが「シノワバル」と言った時は「おぉ~~~!」と感動しました。
    お店をオープンするまでの短い時間に色々なことがありましたが、薩川シェフにメニューのアイディアもいただくことが出来て本当に感謝、感謝でした。


    次回は・・・甜醤油(てんじゃんゆ)です。